| HOME |

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さすがだなぁ・・・ 

ストーリー・セラーストーリー・セラー
(2010/08/20)
有川 浩

商品詳細を見る


有川浩さんの最新単行本「ストーリー・セラー」読了。

てかこれ間違いなく最高峰でしょう・・・・
こんなに感動したのは久々です。有川さんはどんどん作風が広がっていくなぁ。

この作品読んで誰もが思ったことでしょうが、この話って有川さん自身の実話もだいぶ混じってるんじゃないのかな。
作中でわざと登場人物に名前をつけず、「彼」「彼女」という人称を使ってるのもそれを思わせる要因かも。
さらに今回に限ってあとがきがないっていうのもね。

旦那さんに対する日頃の感謝とか、死ぬまで物書きをやめないぞっていう気持ちとかが伝わってきました。

この作品は内容的には結構重いですが、ところどころでこの話って小説の中の小説だったのか?と思わせるような部分があって、若干気持ち的に救われます。果たしてどこからどこまで、なんでしょう。


あぁ・・・やっぱり有川さんはいいなぁ。この先も有川作品を読み続けていこう。





余談ですが、作中に登場する「彼女」の父親が、「フリーター、家を買う」に出てくる主人公の父親に性格が似てると思いました。
そういえば、「フリーター、家を買う」はドラマ化、「阪急電車」は映画化になるようですね。うわー、めっちゃ楽しみだ!

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://setuhirohp.blog92.fc2.com/tb.php/478-8e2cc529

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。